壁の種類と特徴!

壁の種類と特徴

塗壁とは、伝統的な左官塗壁工法のことです。数パターンの塗装方法がある中で、日本の気候や風土に一番適応した塗装方法でできた壁だとといわれています。塗料の性質である、調湿性や断熱性、防火性や防音性なども優れており、耐久性も長けていますので美しい状態が長く続くようです。また、クロスと違い、壁に継ぎ目が無いというメリットも魅力の一つ。

「本格的な和室の壁は、土ものの壁にしたい!」と考えている方にオススメなのが土壁です。”土もの””土壁”と呼ばれ、数奇屋建築や茶室でよく見られる壁のことです。土が原材料の壁ですので、さわり心地はザラザラと砂っぽく、薄茶色、灰色をしています。

京都にたくさんの色土が産出していることから、別名”京壁”とも呼ばれる土壁は、上塗りの土によって「聚楽壁」「錆壁」と呼ばれる風合いが生まれれる珍しい壁です。ちなみに、「聚楽壁」は、元来京都付近に産出する土を用いて仕上げた壁のことでしたが、現在ではきめの細かい砂壁状の仕上げの表面状態を指していることが多いようです。

海や湖などに生息していた単細胞の植物プランクトンの死骸が堆積されたものを採取して作った壁です。スポンジのように小さな穴をいくつも持つ多孔質がですので、吸湿性、吸放質性、保温性、断熱性に優れています。住宅の結露防止にも効果的ですので、外壁にも、内壁にも利用することができます。

珪藻土はここ数年の間に、すっかりメジャーになってきた素材です。石膏ボードに直接塗り付けられる商品やビニールクロスの上に塗ることができるものも出てきています。つなぎに樹脂を用いたものなどさまざまな商品が出ているので、珪藻土を塗る部屋、価格などを考慮して選ぶようにしましょう。最近では、珪藻土を使ったタイルも出ています。

石灰に色土とすさを混ぜたものが原材料の壁です。平滑な仕上げ面が漆喰やプラスターによく似ていますが、漆喰に比べると黄変などの問題が出にくいという特徴があります。